ニキビ跡化粧水選び

最も厄介なニキビ跡

赤ニキビや膿ニキビといった炎症をともなう重度のニキビは、ニキビ跡が残ってしまう場合が多々あります。しかし、赤みのあるニキビ跡や色素沈着のものよりももっとひどい形で跡が残ってしまうこともあるのです。それが、クレーターと呼ばれる、肌がデコボコになってしまう状態。クレーター状のニキビ跡が残ってしまうと完治は難しいと言われ、ニキビ肌の方の大きな悩みでもあります。

 

クレーターはなぜできてしまうのか

ニキビが治った後に、なぜ肌がデコボコになってしまうのでしょうか。炎症を伴うニキビができてしまった時、肌の内部では炎症を抑えようと免疫反応が起こります。通常、白血球が細菌やっつけるために放出されるのですが、この白血球が活性酸素という物質を放出してしまいます。活性酸素は細胞をさびつかせてしまう物質。この物質によってニキビの患部の肌細胞は錆びついてしまいボロボロになってしまうのです。こうして肌細胞は壊れ、崩れてしまった部分はクレーターのように凹んでしまうと言うわけです。

 

肌のクレーターを治すには

クレーター状になってしまった肌は、通常の化粧品によるケアでは治せません。皮膚科など専門の医療機関によって、レーザー治療を受けなければならないのです。

 

専門機関によって行われるクレーターの治療法ですが、陥没してしまった肌組織の修復する治療と、肌のデコボコを目立たなくする治療があります。陥没部分が脂肪細胞にまで達していない場合は肌組織の修復治療。コラーゲンの生成を促し、再構築させる方法です。しかし、陥没が脂肪細胞にまで達してしまっている場合は、一度肌の内部の細胞を熱変死させ、生体反応により肌の修復を促し、デコボコを目立たなくさせる方法をとります。

 

専用のレーザー機器も使いますので、治療費は高額になってしまいます。しかし、通常のケアでは治せない肌のクレーターに悩み続けることがつらい方には、高額でも治療法はあるという希望の光でもあるはずです。

 

一番大切なのは、肌がクレーター状になってしまう前に、きちんとしたニキビケアを行うこと。いつまでも残ってしまうニキビ跡に悩まないように、日々のケアを丁寧に行うようにしましょう。